プラセンタドリンク効能

肝臓(肝機能障害)を改善!プラセンタの効果と副作用

投稿日:

肝臓(肝機能障害)を改善!プラセンタの効果と副作用

肝機能障害の治療としてプラセンタが利用されていることをご存じでしょうか。

プラセンタと聞くと、美白や美肌といったイメージをお持ちの方も多いと思います。

実際に化粧品やサプリメントに配合されていますし、アンチエイジングとして普段の美容に取り入れられている方もいらっしゃいますね。

しかし、プラセンタは美容成分だけでなく、医療機関において医薬品として様々な治療に使用されており、肝障害の治療剤でもあるのです。

副作用がなく、確実に効果があるという点で今また再び注目をあびています。

ボタン:ランキング1位

そもそも肝臓とは?肝臓の働き

そもそも肝臓とは?肝臓の働き

肝臓は横隔膜のすぐ下、胃の隣にあり、右上腹部のほとんどを占めています。

ヒトの体の中では最も大きな臓器であり、大人の肝臓は体重の約50分の1程、重さはおよそ1000g~1200gとなります。

また、たくさんの血管と胆管があり、体内の血液の1/4が集まっています。

肝臓は栄養素やさまざまな物質を化学反応によって加工する働きを持ち、何千という酵素を使い500以上の複雑な化学変化を起こしています。

体内維持に必須の機能も多く、生体の内部環境の維持に大きな役割を果たしていると言えます。

『肝臓は沈黙の臓器』…肝臓は再生することができるたったひとつの臓器であり、切り取られても元に戻ることができるのもひとつの特徴です。

この性質により「生体肝移植」が可能になります。

全体の85%に何らかの原因で障害をうけても働き続けることができるため、病気になっても症状が出にくいことから沈黙の臓器と呼ばれることがあります。

肝臓の働きは、代謝・貯蔵・排出・胎児の造血・解毒・体液の恒常性の維持など大変多くあり、現在の技術でも肝機能を人工的に完全再現、作り出すことはできないと言われています。

その肝臓の機能は大きく分けるとこの3つになります。

  1. 栄養素を貯え(貯蔵)変化させる(代謝)… 口から入った食べ物、糖・たんぱく質・脂肪は栄養素としてからだが吸収できるよう肝臓で変化させ、貯えておき、必要なときにエネルギーのもととして体内へ供給されます。
  2. 毒を中和する(解毒)… 体内に入ったアルコール、ニコチン、薬、食品添加物、細菌、老廃物などの有害な物質を分解し、身体へ影響のないように無毒化させます。
  3. 胆汁を作る… 肝臓で作られた老廃物を流す胆汁を生成・分泌します。胆汁は、脂肪の消化吸収を助けるために必要な液体で、肝細胞から絶え間なく分泌され、胆嚢で濃縮されたのち十二指腸へと流れます。

これらの肝臓の活動には常に大量の酸素を消費し、その際に多くの活性酸素が発生します。

活性酸素には強い酸化力があり、その酸化力で、体内に侵入したウイルスや細菌を退治すると言う大切な役割がありますが、必要以上に増えすぎると健康な肝細胞までも酸化させてしまうというマイナスな一面もあるのです。

健康な肝臓には活性酸素を無害化する抗酸化力があり肝臓の酸化を防ぐことができますが、肝機能が低下すればその力も弱くなってしまいます。

肝機能障害(肝炎・肝硬変)の原因|なぜ肝機能は低下するの?

肝機能障害(肝炎・肝硬変)の原因|なぜ肝機能は低下するの?

肝機能の低下の原因として主なものには薬の飲みすぎや高血圧、ウイルスへの感染などがありますが、その中でも飲酒による肝臓へのリスクが一番高いと言われています。

適量のアルコール量であれば肝臓へのダメージも少なく、肝臓のもつ再生力により問題には至りませんが、大量のアルコールを長期に渡り摂取し続けてしまうと、肝細胞への負担が大きくなり、修復が追い付かず、のちに肝炎や肝硬変といった肝機能障害へと症状が進行する可能性が高くなります。

肝機能障害が起こっている場合の症状として、

・全身倦怠感、疲労
・感冒症状(発熱、咽頭痛、頭痛など)
・黄疸、尿の変化
・食欲不振
・嘔吐、嘔気
・発疹、痒み

などが前駆症状である場合があります。

肝機能障害の解説1|肝炎(アルコール性とウイルス性)とは?

肝炎にはアルコール性とウイルス性があります。

【アルコール性】アルコールの過剰摂取により起こります。

アルコールの分解過程で生成されるアセトアルデヒドという成分が肝臓の細胞に作用して大量に活性酸素を生み出してしまい、幹細胞を破壊してしまいます。

  • アルコール性肝炎…肝細胞の肥大と壊死、線維化を発症します。
  • 脂肪肝(非アルコール性肝炎)…糖分、脂肪、アルコールの過剰摂取により、脂肪の分解が追い付かず

肝臓に中性脂肪が溜まり、幹細胞全体の30%以上が脂肪化している状態のことをいいます。

脂肪肝は「脂肪肝→脂肪性肝炎→肝硬変→肝臓がん」へと進行することがあります。

また脂肪肝の種類には、飲酒をしなくても肥満や糖尿病、薬が原因の「非アルコール性脂肪肝」があります。

【ウイルス性】…日本における肝炎のほとんどがウイルス性肝炎で、A,B,C,D,E型の5種類があり、その中でB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスによる感染が多くを占めています。ウイルスの感染により肝臓の細胞が壊れていってしまいます。

肝炎は、病気の経過により大きく急性肝炎の慢性肝炎にわけられます。

  • 急性肝炎…突然肝障害が発生し、短期間で治る
  • 慢性肝炎…肝機能の異常が6ヶ月以上続く状態

肝機能障害の解説2|肝硬変とは?

肝硬変とは、慢性肝炎などによって肝細胞の破壊と再生を繰り返すうちに、肝臓が繊維状となって固くなっていく状態を言います。

さらにそこから幹細胞がその線維で囲まれることにより肝臓の表面はでこぼこになり、組織までも固くなって肝臓の働きが低下していきます。

線維化した肝臓は元に戻らなくなってしまうため、肝硬変はあらゆる肝疾患の終末像と言えます。

肝機能障害(肝炎・肝硬変)を改善する!プラセンタの効果とは?

プラセンタが活性酸素を除去して肝臓(肝機能)を守る

このような肝機能障害の改善において、プラセンタによる治療が非常に有効となっています。

プラセンタには

  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 強肝・解毒作用

があり、プラセンタにしか含まれていない成分である成長因子が、細胞分裂を促し細胞の修復や再生を助け、ダメージを受けた肝細胞を活性化させることにより、肝機能障害の改善に効果を期待することができるのです。

プラセンタの効果1|抗酸化作用が活性酸素を除去して肝臓(肝機能)を守る

肝臓はその活動において酸素を大量に必要とすることから活性酸素が発生しやすく、過剰生成されてしまうと正常な肝細胞にまでダメージを与えてしまいます。

肝臓の機能が低下すると、全身にまで影響が及ぶため、肝臓の健康を保つにはいかに活性酸素を除去するかが重要となってきます。

肝臓にはもともと増えすぎた活性酸素に対抗する力、「抗酸化力」がありますが、行き過ぎた飲酒やウイルス感染などによる影響を受けることで正常に機能することができなかったり、加齢によってももともとの抗酸化力が衰えてしまうのが事実です。

プラセンタには増えすぎた活性酸素を予防・除去する抗酸化作用があるので、それを補うことで、肝臓を活性酸素から守ることができます。

プラセンタの効果2|抗炎症作用が肝炎を鎮める

活性酸素による炎症を抑える抗炎症作用は、初期の段階の肝機能の低下や肝機能障害に非常に効果があるとされています。

プラセンタの効果3|強肝・解毒作用が肝臓の働きをサポート!

プラセンタの強肝・解毒作用が肝臓の働きをサポートしてくれることによって、肝臓のもともとの働きでもある代謝・解毒・胆汁の生成を強化することができます。

飲酒による二日酔いにも効果があります。

プラセンタの効果4|成長因子の肝臓の細胞の再生を助ける

プラセンタにしか含まれていない成分である成長因子は、細胞分裂を促して細胞の修復や再生を活発にする働きがあります。

プラセンタ注射の副作用|肝臓の機能障害

プラセンタ注射の副作用:肝臓の機能障害

基本的にプラセンタには副作用はほとんどないとされています。

1956年にメルスモン注射薬、1959年にラエンネック注射薬が医薬品として認可されて50年近く調査が続いていますが現段階でも重篤な副作用の報告は上がっていません。

しかし、ひとつ注意しておきたいのが、プラセンタもタンパク質でできていますのでプラセンタ自体がアレルゲンになってしまうことがあります。

そのためアレルギー体質の方や体力が極端に低下している場合は慎重に使用する必要があります。

サプリメントで摂取する場合も同様に、食品によるアレルギーはすべての食品で起こる可能性がありますので、万が一症状が疑われる場合には必ず専門医を受診するようにしてください。

プラセンタ注射においては一度、副作用について2005年に社会的に大きく取り上げられました。一人の患者さんがプラセンタ注射にて肝臓の機能障害が起こった例です。

しかしこの患者さんには他にも長期に渡り抗生物質を使用していたことや、大量のダイエット食品などを摂取していたことが確認されているため、その関連性による様々な見解があります。

プラセンタを使用する上でひとつ重要なことはヒトの胎盤を使用しているために感染症などの心配がゼロではないということです。

理論上では、「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」への感染が否定できないとされ、現在ではプラセンタ注射を受けた方の献血が行えなくなっています。

輸血や点滴を受けるには問題はありません。

サプリメントの内服によるものは献血も問題なく行えます。

現段階でプラセンタ注射を介して変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に感染したという報告はされておりませんが、リスクについては正しく認識しておきましょう。

まとめ

プラセンタドリンク:おすすめランキング1位は?効果&口コミまとめ

ここまでプラセンタと肝臓の関係についてまとめました。

プラセンタは医療機関での注射をはじめとし、ドリンクやサプリメントでも手軽に摂取することができます。

肝臓は初期段階で自覚症状がほとんどないため、肝臓に負担をかけているな…と感じるところがあればプラセンタの効果を利用して日頃からいたわってあげることで大きな病気を防ぐことに繋がると思います。

絶対おすすめ!プラセンタドリンクランキング

メディキュアプラセンタドリンク40000

エテルノ濃縮プラセンタ

ベルタ酵素

ベジデーツ

エターナル プレミアムプラセンタドリンク

-プラセンタドリンク効能

Copyright© 【プラセンタドリンク】人気ランキング1位はコレ!口コミ&効果は? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.